Kazz アメリカに14年滞在経験あり。 子育て支援員の資格を持っていて、現在小学校の英語ボランティア講師をしています。 クラスは幼児から大人まで。 よろしくね。

 

 

アリッセ

 Meu nome e’ ALICE

 ブラジル バイア州出身

 21年間ブラジルで暮らしていました。

 皆さんが持っている、ブラジルのイメージはなんですか?

 サンバ、カーニバル、サッカー、コーヒー。。。。。

 そうですねほかにも魅力がいっぱいありますよ。

公用語は、ポルトガル語

カッパ、ボタン、マント、フラスコ みんなポルトガル語なのです。

 三重県で一番多く在住しているのは、ブラジル人です。

 町でブラジル人やお店をみかけませんか?

 ポルトガル語に少しでも触れると、きっと、世界は広がるはず。

英会話かふぇカロライナで、ポルトガルに触れてみませんか?

Kazzとアメリカ人の仲間達

ムチョ グラシェス。 メヤモ カズ。
ケパサ アミーゴ?
ムチョトラバホ、ノ デネロ。 どんな意味かは、カロライナカフェでお尋ねください。

大手英会話スクールでの経験や、子育て支援員の資格を生かして、小さい子の英語が、少しでも、楽しくなるように、心がけています。 小学校の英語のボランティア講師しながら、現在の日本の英語教育なども感じながら、良いレッスンを心がけています。私の祖母が、幼稚園の先生だったことも関係しているのか、昔から幼児には、人気があるKAZZです。今でも、保育園のお迎えに行くと、バンダナを巻いているせいか、海賊!!といわれることも、多々あります。子供の想像力は、無限ですね。

DJ KAZZ 履歴

1972 東京で生まれる

1991ホームステイ1か月+ 初めて、アメリカの土地を踏む。ノースカロライナ州へ。

1992ホームステイ1か月+ カリフォルニア州 ロスアンゼルス、 アリゾナ州、ノースカロライナ州。

1993ホームステイ1か月+ カリフォルニア州 ロスアンゼルス、 イリノイ州 シカゴ、ノースカロライナ州。

1993 英語検定2級取得

1994~1999 アメリカ留学(学生、音楽活動) ノースカロライナ州

1999~2001 バージニア州 (音楽活動、なんちゃって、すしシェフ、2001永住権取得)

2002~2007 ノースカロライナ州 (2002~2004アメリカノースカロライナ州、音楽活動、980AMラジオ放送のパーソナリティ(DJ)、2007、アメリカ横断、引っ越し)

2007~2008  オレゴン州 (アメリカ郵便局職員)

2008   三重県亀山市 (シャープ下請け工場通訳兼工程管理)

2009~2010 鈴鹿市大手英会話スクール講師

2010~2018 郵便配達員 (2014~2018、カフェでバイトや英会話講師、亀山市創業塾卒業、子育て支援ライセンス取得)

2018~ 英会話かふぇカロライナ、井田川小学校英語ボランティア講師 (カフェオーナー、幼児英会話講師、小学生~大人英会話講師)

dj kazz のプロフィール
中学校の時、英語の教科書(prince社)の表紙がスクールバ

スからアメリカ人の中学生がおりてくる写真が好きでした。 そのころ、ファミリータイズという、マイケルJフォックスが出てた、ドラマ(situation comedy通称シッコムという)が好きでよく見ていたのを、おぼえている。もちろん、吹替の日本語で、見ていました。アメリカンポップ、マドンナやマイケルジャックソンなど、はやりものを聞いていた。ハリウッド映画も好きでした。とは、いっても、水曜ロードショウをはじめ、、金曜日、土曜日など、映画がTVでよくやっていたのを見ていた。 ロッキー、ターミネーターなど、数をあげれば、きりがない。 中学、高校とバスケをしていたので、NBAも深夜2時からのテレビ東京で放映しているのも、録画してみたり。 ジョーダン、マジックジョンソン、ラリーバード、アイザイヤトーマスなど。
NFLも兄貴の影響でみはじめて、ジョンエルウェイやモンタナなど、全盛期みていました。

高校生になると、都立高校で英会話のクラスが、初めて導入され、横田基地(アメリカ米軍基地)からアメリカ人の パメラマーゲン先生が講師として、派遣されてきました。 英会話のクラスが、公立高校で、初めてということもあり、日本人の高校の英語の先生は、必死に英会話をしていましたが、あまり、通じてなく、そのころから英語のクラスは、どうでもいいから、英会話したいな~~。と思っていました。(普通の英語の授業も大事です。)そんな矢先、女バス(バスケット部)の友達が、マーゲン先生とべらべら楽しそうに話しているのを、目撃してしまい。うらやましく思いました。 でもその当時の英会話スクールは、何百万円も払わないと、通えないとこばかり。その子に、”どこの英会話スクール行ってるの? 高いでしょ?”と問いかけると、
”近所の英会話カフェに通ってるだけだから、全然高いないよ” との回答で、”えええええ、まじかよ~~!!”
女バスの子と仲良くなり、なんと、マーゲン先生の家にクリスマスの時、行けることになりました。米軍基地の中の住宅は、あの映画でみたことのある、アメリカそのままでした。 バーガーキングが、その当時日本には無く、そこで、食べれることができ、感動しまくり。

その子のおかげで、私も英会話カフェに通いつめました。 講師の先生と仲良くなり、Vicky先生(She is from North Carolina)のお友達を紹介してもらい、ホームステイを卒業前に実現。高校3年生のとき、はじめて、アメリカノースカロライナ州へ。海外初めてアンド飛行機初めてでした。

高校卒業後は、仕事をしながら、年1回は、アメリカへ1か月ぐらい訪れていたのですが、アメリカにどうしても住んでみたく留学を決意。3年半で仕事をやめ、ノースカロライナ州へ。

ホームステイ先のファミリーをたよって、半年ぐらいお世話になろうか⁇と安易な気持ちで渡米。visit とliveでは、違うよね。21の若造だったので、考えが、非常にあますぎた。それでも、1weekぐらいは、滞在させてもらいました。その後は、シェーアーハウスみたいなところに、住むことに。 ゲイやマッチョが、ハウスメイト。キッチンのチョー汚いことに驚き、泣きそうになった。その後2回シェーアーハウスを変わるけど、なんせ、安いとこばかり住むものだから、いろんなことが、ありました。 学校もESL(英語学校)からスタート。TOEFLが大学の基準にたしってなかったため。それでも、いろんな国の人との出会いそして、友達になれたので、よかったです。
その後は、バイトも見つけ。(本当は学生ヴィザでは、働けない)アパートも借りれることに。そんな中、またもdisaster(災害)が私に訪れた。。。 I became a flood victim. この続きは、かふぇカロライナでどうぞ。
Ask me anytime!! バンドの話やラジオDJの話など、後ご期待。