evaluation

今日は、アメリカ人の先生が、2人遊びにくるよ。 ぜひ、みなさんも英会話カフェカロライナに、お越しくださいませ。

私は、今、小学校で、ボランティアteacherをしていますが、たまに教育委員会の方が授業の風景を、見に来られます。どんな感じで、授業が進んでいるか?小学校の先生の英語授業ができているか? きっと、いろいろなチェック項目があるのでしょうね。。。 私も見られてたりして。 このボランティア講師、要らないんじゃね~~~。とか? あああ、こわ。 ALTの先生は、緊張はそんなにないと思いますが、担任の先生は、大変だろうな。

私は以前、大手の英会話スクールの講師をしていたことがあるのですが、本部から、自分の授業を見にこられるのが、嫌でしたね~~~。 緊張しまくり。 授業中も本部の人が、ノートにメモを取っているのが、嫌な感じでで、私は、普段の授業ができなくなったり、フレーズが飛んでしまったり、英語がでなくなったり。 あああ。最悪な気分でしたね。

他の会社でも、本店からの訪問とか、監査とか、いろいろ緊張する場面は、ありますよね。

実は、アメリカでは、なんと生徒が先生を評価することが、あるのです。

私が通っていたcommunity collegeでは、何回か、期末時に、先生の評価シートをもらって書いた記憶があります。

でも提出が、直接先生にhand out したので、 なんかawkwardな気持ちになりました。

日本も近いうちに、生徒が先生を評価する時代が来たりして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です