アメリカ好き同士。

こないだ、ふとバイクでお客様が遊びに来てくれました。

カウンター越しに話をしていると、アメリカ好きな方で、話がすげーーー、合いました。

なんせ、私は、高校生の時に、初めて米軍基地内に入って、そこのバーガーキングを食べて、当時は、バーガーキングは、日本に上陸しておらず、映画の片隅や雑誌などでしか情報はなく、そこで食べれたうれしさ。

現在はなんでも情報がインターネットのおかげで、リアルタイムに入るから、便利ではあるものの、こんなうれしさは、味わえないはず。 情報が映画の片隅に映っていたものが、手に入ったり、行った時、見たときのうれしさは、なんとも言えない感動があった。 私だけかもしれないが。

ハンバーガーの包み紙を自分の部屋に貼っていて、オーストラリア人が、うちに遊びに来た時、KAZZは、なぜごみを壁にはっているのだい? といわれたほど。

でも、なかなか、そんな話は、アメリカ好きにしか通じない。 カロライナの店の前に飾っていた自転車もアメリカ産ってことで、飾っていたぐらいだ。

そんな私と話しが合う方がお客さんできてくれたのでうれしかった。

現在カロライナに飾ってある、空き缶は、80年代に集めたものが多い。

映画の中で後ろに映っている、アメリカのブランドやプロダクト。 そんなものに興奮する、アメリカオタクは、私だけではなかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です