学校でのいじめ 自殺を考える。私の体験談。

 

 最近、ユーチューブを 友達と始めました。 内容は、あなたの人生を教えてください。みたいな感じのをしています。

 インタビュー側や視聴者側からは、もっとDEEPな話が聞きたい。 あたりさわりない話、かっこいい話より、大変だったこと、いやな思い出の話を聞きたいのだろう。

 でもなかなか、そんな話は、無い。 聞くことはできない。

 誰もが、嫌な話の体験談を話したくないからだ。

 戦争体験、人間関係などもそうですね。

 私も嫌な話は、他の人に、あまり、話したことがない。

  ホームページを作るのに、かっこいい とこだけ、見せたいよね。

 でも、経験を伝えることが自分の使命みたいな思いがある。

 年をとると、プライドやかっこいい 武勇伝より、

 少しでも、社会の役にたてるか、貢献ができたら良いと思う。

 私は、社会になにが、できるのだろう?  

 里親の特集番組みたいなTVを見た。 虐待、貧困、困っている人は、五万といる。

 私は、いじめ、虐待、貧困など 問題は、無くならないと、思います。

 ただ、経験、体験した人が、声を上げれる環境、社会があれば、救われる人は、多くなると思います。

 そうすれば、無くならないにしても、減らすことは可能では、ないかな?

 

 私は、小学校6年生の時、夏休み明けに、人生で一番、苦しい思いをしました。 こんなことを書くと、

 Kazzは、いじめられてたのか? なんか、人間的に欠陥があるのでは? いじめられる方にも原因がある。 とか思われたくなくて、誰にも言っていません。 

ここで、書くのは、同じつらい 思いをしている人が、自殺や殺人など考えず、必ずあなたの人生で、嫌なことがあっても、いいことがある。 ということです。 

 実は、嫌なことも、こうして、将来、ネタにできたり、あなたの人生は、あなたのものでしかないので、他人になにを言われる筋合いはないし、誇りをもってください。

 あなたの経験をもとに、社会を良くできたり、他の人から感謝されるからです。 まあ、Deepに考えず、Kazzもこんな経験したことが、あったんだ。 ぐらいに、思ってくれれば、いいかな。

 私は両親と4つ上の兄と、3つ下の妹を持つ、5人家族の次男です。 家が自営業だったこともあり、サラリーマンの家庭のように旅行や、ごはんを家族で食べに行った思い出は、少なく、あまり裕福とは言えなかったです。 私の子供のころは、裕福の家庭のほうが、めずらしかったかも。 まあ、ごく普通な感じの家庭で育ちました。

小学校の時、私の兄は、人気者でした。 バレンタインデーでは、チョコレート何個もらってきたことか。。。野球では、キャプテンを務め、卒業式では、生徒代表でスピーチするほどでした。中学では、卒業時に、学年1人におくられるスポーツ優待人に選ばれてました。

 私は、そんな兄に憧れていましたが、肩にも及びません。野球は、そこそこ、できましたが、兄のようにずば抜けてはなかったです。

 

 そんな兄を持つ私は、小学校では、陽気で、クラス中心の存在でした。 友達もいっぱい、いるし、楽しかったです。時には、クラスメイトをからかったり、していました。 今考えると、私自身が、いじめをしていたんだな。と 喧嘩は、弱かったのですが、口だけは、達者でした。ジョークをいったり、勝手にあだ名をつけたり。。。

  今考えると、そんな私に神様は、罰をあたえたのでしょう。 罰というと、強く聞こえるので、教えをもらえた。 にしておきましょう。

 ここからの話は、誰にも今まで、言っていません。こんな経験をしたのに、知り合いにいじめを受けた子がいても、相談や、同じ体験をしたことがある。と言い出せませんで、相談にも乗ることができなっかたです。 今思うと、とても、情けないです。

 

 楽しい小学校の生活が、6年生の夏休みを終わった後、急変しました。 夏休み開けて、2学期が始まると、仲がよかった男友達が、私を避けるようになったのです。 6年の1学期に、下校の時、その友達が5年の子と喧嘩したことがあり、私も、加担したのですが、その子が私に向かってきて、私が負けて、泣いたことがあります。そのことが、トリガーになったかは、わかりませんが、親友だった友達が、だんだん、私を避けるようになってきました。 

 どのぐらいの期間で、浸透していったかは、覚えてませんが、彼の始動のもと、ほぼクラス全員から、私は、避けられるようになりました。 そして、無視されるようになりました。 Silent treatってやつです。

 学校にいくと、しゃべる人が、いなくなってしまいました。いままで、クラスで陽気に、めちゃ、しゃべっていた私が、無口にならざるえなかったのです。

 とにかく、クラスメイトは、私としゃべるのをやめて、避ける感じです。これは、たちが悪い。 なぜなら、暴力されていると、けがをしているので、すぐ問題視してくれますが、これは、見えないから、やっかい。 ちょっと、前に、女子プロレスラーのサイバーブリングで、自殺に追い込まれたのが話題になりましたが、事件になるまで、その人のとらえ方なので、なかなか問題視されない。

 

 私は、学校を行くのがつらく、3学期は、本当に嫌で嫌でどうしようもなかったです。 学校の窓をみると、ここから飛び降りたら、死ねるかな? いつも考えていました。 

 救いは席の隣の岩瀬くんがちょっと話してくれたことと、卒業が近いことぐらいでしたね。

 学校を行かずに、さぼればいいと思うかもしれませんが、親が自営業だったため、家には、いられない。

 よく聞かれるのが、親や先生に相談できなかったの? とか、TVでいってたりするよね。

 できるわけがないじゃん。 と いつも、思っていた。 親や兄弟の愛が強ければ、強いほど、自分のことで心配かけたくない。と思っている子は、いっぱいいるのではないかな?

 それに、子供のけんかは、子供で解決。みたいにおもってたとこもあって、自分でかかえこんでしまいました。

 家で、母親に、態度が悪い、そんなことしてたら、みんなに、嫌われるよ。 と言われたことがあり、その時は、

 くそ婆、だまれ。

 とか、暴言を吐いて、母親を困らせたこともありました。 心の中では、もう、すでに、学校では嫌われているんだよ。と。。。

 思っているのですが、誰にも言えませんでした。

 

結局、卒業して、中学で、違う友達ができたり、先輩に、かわいがられて、あんな思いから、離れられました。

 今でも後悔していますが、岩瀬君が中1の時、ほかの中学の子に絡まれたとき、助けてあげられなかったこと。

中3の時、いじめをされた経験があるのに、自分が、岩瀬くんと、一人の子をいじめたこと。

 いじめた子が高校1年の時、いっしょになり、結局、その子がクラスで人気者になり、私はクラスで、暗いおたくの子しか、

相手にしてもらえなくなり、小学校の二の舞か?

  高校2年で、やっと、クラスの陽気なグループに入ることができたり、違うクラスの子と仲良くなったり、楽しくなりました。

 実は、女関係で、友情は少しぐちゃぐちゃに、、、。 まあ、そのことは置いておいて、

 その後、一人の親友といることが多くなり、それは、それで、楽しかった。

 高3では、受験で忙しくなり、みんな、それぞれって、感じでした。

 そして、私は、一人で、アメリカホームステイを決めました。

 

 今思うと、小学校のとき、死なないで、よかったですね。 今までも、本当に、Up Downの繰り返しですが、神様は、私にこんな楽しい人生を私に用意してくれていたのだから。と今は、思えます。

 長いブログになりましたが、生きていれば、楽しいことが、あるよ。 という結論です。

 今、つらい思いをしている人が、いるかもしれない、でも、生きていれば大丈夫。

 学校が嫌だったら、ほかにも、生き方、居場所、いくらでもある。

 No Problem!!

 Don’t worry Be happy!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。