ボランティア講師

3学期始まり、私も小学校に行ってきました。

 今回は、アメリカ人の先生不在の中でのクラスをお手伝いしてきました。

 担任の先生の英語力がアップしてきているように、思えます。すばらしいですね。

外国人の先生無しでもやって行けそうですが、やはり、本格的な発音など、叩き込むのであれば、ALTの先生をメインにしていくほうがよいのかと思います。

 日本の政府の方針もなんとも方向が定まっていないですからね。

 

 子供たちは、楽しく英語に触れていました。 私の感覚だと、楽しく学べる状況が一番良いと思います。

 
英語に限らず、どの教科もいえることですよね。

英語を教えている立場の人間から、こんなことを言うのは、変なのですが、英語を学びつつも、日本語や日本文化をなくさないようにしてほしいですよね。

 フィリピン、シンガポール、インドなど、英語を第二の公用語的に扱っているとこも、あるみたいですが、自国の文化が無くなっていくのは、こまりますよね。

 んんんん、難しい問題です。 フランスやイタリアみたいに英語はわかるけど、自国の言葉も勉強してきなよ。 swagがいいのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です